虫歯治療―虫歯はなぜ削らないと進行をふせげないのですか?

今日は、こんな記事を見つけました。

虫歯はなぜ削らないと進行をふせげないのですか?


- 回答 -
虫歯は、虫歯菌による感染症です。エナメル質や象牙質といった歯の表面には、血管がありません。したがって感染した歯質を無菌状態にするのに白血球などの免疫機構が働きません。 そこで虫歯菌が染み込んで黒くなったり柔らかくなった部分を削ることで取り除き無菌状態にします。虫歯菌は、嫌気性菌で蓋をしただけだとかえって、酸素がなくなり虫歯菌が繁殖し安くなります。
削らずに虫歯菌を押さえ込もうという試みも一部の歯科医院で行われています。黒くなったり柔らかくなった感染した歯質を全く取らないで、抗生物質を混ぜ合わせたものを付けて蓋をしてしまうものです。
どちらの方法にしても、再発はあります。虫歯予防が大切と思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。